アメリカでのオルリスタットによる治験の内容

オルリスタットは肥満治療薬に使われる成分の一種で、ゼニカルやアライなどの商品が海外で販売されています。日本では未承認の薬で、医師からの処方箋にて入手が可能です。中枢神経系に作用しない肥満治療薬で、その他の治療薬に比べてリスクが少ないのが特徴です。アメリカ合衆国において、オルリスタット成分を配合したゼニカルと、偽薬(偽の薬)を使用して、低カロリー食と共に1年間投与した治験を行いました。食事制限は一切せず、対象はBMI(ボディマス指数)30以上と、肥満度の高いメンバーで行っています。ただし低カロリー食の内容や、治験期間中の運動量は公表されていません。ゼニカル服用の結果は、60%の成人が5%の体重減少、27%の成人が10%の体重減少と観察されています。一方の偽薬では31%の成人が5%の体重減少、11%の成人が10%の体重減少となりました。そしてアメリカ食品医薬品局(FDA)の認可を受けて、肥満治療薬として販売されました。このオルリスタットのダイエット作用のメカニズムは極めて合理的で、腸が体内で吸収する脂肪をカットして排泄物として体外に出すというものです。脂肪はタンパク質や炭水化物よりも高カロリーで、かなりのダイエット効果が期待できます。人が細かくかみ砕いて飲み込んだ食物は、胃を経由して腸へ進み、腸は脂肪を吸収して体内に取り込みます。しかし腸は脂肪を直接吸収することができません。そのためリパーゼと呼ばれる脂肪分解酵素を使って脂肪酸やモノグリセリドに細分化し、細かくなった脂肪酸などを腸が吸収するという仕組みです。この時、リパーゼの脂肪分解機能が止まった場合、脂肪は分解されず、腸は吸収することができないまま体外に排泄されることになります。

オルリスタットによる便意は抑えられないのか

オルリスタットとは、肥満治療のために使われる薬です。日本国内では未承認ですが、アメリカなどの国で使用が認められている薬です。海外では安全性も確保されており、日本で購入する場合は個人輸入という形になるので自己責任とはなりますが、ある程度信頼してもよい状態にある薬と言えます。そのようなオルリスタットは、腸内に存在するリパーゼの効果を防ぎ、脂肪の吸収を阻害します。その効果によって、脂肪が体外へと排出され、体内に存在する脂肪に関してはエネルギーとして活用するため少しずつ消費していく事となります。それに伴って、体重を減少させていく事が可能となっています。なお、アメリカでの治験では、一年間の服薬により成人の九割が体重減少を実現しており、非常に効果が高いと考えられているものです。日本でも治験の段階まで進んでいますので、将来的に認められる可能性があるといえるでしょう。ただし、オルリスタットにはいくつかの副作用があります。一般的に知られているのは、脂肪の摂取を妨げる事に付随して脂溶性ビタミン吸収が滞ってしまう危険性があるという事と排泄に関する問題です。ビタミン摂取が滞る事については、サプリメントでビタミンを摂取すれば問題は起こりませんが、便に関しては日常生活習慣を変化させる必要があります。脂肪を便として排出するため便の量が増加してしまい、結果排泄回数が頻回となります。便意をコントロールすることが難しく、放屁によって脂肪が飛び出てしまうケースもあるとされています。そのため、便意を抑えるに整腸剤などを使用するケースもありますが、便意があって、脂肪を外に出すからこそ、体重減少効果が期待できるのである程度折り合いをつけて、コントロールできるように日ごろからトイレに行く習慣をつけることをお勧めします。

アメリカ食品医薬品局とは

アメリカ食品医薬品局は、ジミー・カーター大統領時代の1979年に保健教育福祉省から分離した部門として設立されたアメリカ合衆国保健福祉省に属する機関の一つであり、食品や医薬品、医療機器、化粧品、一部の電化製品等の安全性と有効性を実証し、情報公開や認可、取締を行う事でアメリカ国民の健康を維持増進を責務と連邦政府管轄の機関です。アメリカ食品医薬品局には、バイテロや最先端の生物学的製剤の薬効と毒性の評価を行っている生物学的製剤評価研究センター、連邦食品医薬品化粧品法と特別法医療機器修正法に基づいて規制している医療機器・放射線保健センター、医薬品評価研究センター、食品安全・応用栄養センター、喫煙予防や禁煙等の公衆の健康増進を目的とするタバコ製品センター、連邦食品医薬品化粧品法に基づいて動物薬の安全性と有効性の実証と認可を行っている動物薬センター、米国国家毒性プログラムの一翼を担う国立毒性研究センター、犯罪検査事務局、統制問題事務局などの部門があります。オルリスタットは、アメリカ食品医薬品局の認可を受けている肥満治療薬です。オルリスタットは、胃や腸などの消化器官に胃や膵臓などから分泌される消化液に含有されている消化酵素リパーゼの働きを阻害して、脂肪の分解を抑制する事で食事により摂取した脂肪の吸収を約30%抑制するダイエットピルであり、先発薬であるゼニカルやジェネリック医薬品のアリーなど数多く類似薬があります。又、オルリスタットは、未吸収の脂質と共にビタミンAやD、E、K、βカロテンなどの脂溶性ビタミンを排出する為に脂溶性ビタミンが不足する事が多く、マルチビタミンの補助剤の併用が望ましいとされています。

皆様はオルリスタットという肥満治療薬をご存知ですか?飲むだけで腸が脂肪の吸収をスルーしてくれるお薬です。日本ではまだ製造承認されておらず、なんだか危ない薬のような雰囲気もありますが、アメリカでの治験の結果高い効果が証明されています。